2020年7月 きまぐれ鹿フォト

今年は梅雨が7月末まで食い込み、奈良公園も雨続き。鹿たちはというと、大樹の陰で雨をしのぐグループもいれば、土砂降りであろうと「降る雨は、降るに任せる」的な露天の豪傑たちも。梅雨景色の中に、野生動物の鼓動を感じたひと月でした。

2020年 7月

 

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

 

2020年7月

1日・あの鹿、すげー速い!!
2日・目が合ったわね!鹿せんべい買って!
3日・親子~、いっしょ~。
4日・え、、、入らないの?
5日・ママはいいの。あなたが濡れなかったら。
6日・自然すら味方につけちゃうワタシ。さっすがー!
7日・今夜の七夕のために、もう場所取りしてるんだ~。
8日・いつも気にかけてくれて、ありがと。
左「この写真、きまぐれ鹿フォトの100枚目らしいわよ」。
右「あら、すごいじゃない!」。…えっ!記念すべき1枚なのに、鹿のワタシが主役じゃないの!?
10日・うわっ!ワンちゃんですか。。。!せめて銅像のフリしとこ。
11日・ここが私のアナザー・スカイ!
12日・日陰に入ってないで、太陽光に当たろうぜーっ!
13日・群れの子どもは、みんなの子ども。
14日・私もキリンみたいに、首が長かったらな~。。。
15日・よお、人間たち!俺はシカ六!足フェチの鹿だ!
16日・俺はここ、どきませんよ。。。
17日・このソフトクリーム、わたしの体よりおっきい!
18日・あれ、わたしってば。また雅な場所に迷い込んでしまったわ。
19日・あのバイク、迷ってんのか?
20日・レトロ鹿さん、私と競争ね!はい、よーいドン!
21日・ここだけなんかくせーっ!!!
22日・おう!お前もここで、ひと休みしていけ。
23日・こちら、海なし県奈良市在住のシカオです!私たちなりの「海の日」の楽しみ方は、一日中、空を見上げてることです!
24日・今日の観光案内係はわたしよ。ついてきなさい!
25日・あー、今日も満腹満腹。もう鹿せんべいの1枚も食べられないわ。
26日・俺は中に入れないから、お前が代わりに見て来いよ。
27日・真夏の博物館デート、悪くないんじゃない?
28日・夏を駆け抜けろ、少年! 今年の夏は今年しか来ねえんだぜ。
29日・なにこれニセモノじゃん!
30日・角が触れない、これくらいが僕らのソーシャル。
31日・あつ~。そろそろ観光客きてるかな~。

2020年月別 きまぐれ鹿フォト

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

きまぐれ鹿フォト

  1. 2020年11月29日

    今年は、いつもより紅葉がきれいだったような気がするんだけど。。。あなたもそう思う? …

最新のコンテンツ

注目のコンテンツ

  1. 「インタビュー編」では、寳物殿建立の意義やその舞台…
  2. Vol.02は、座談会の本流からいったんスピンオフ…
  3. 2013年以来、7年ぶりに公開 東大…