今週のおみくじ

ならめがね編集部が、奈良県内の社寺を訪ね、おみくじを引く動画を配信!
境内のステキな雰囲気も合わせて、おみくじの結果をどうぞご覧ください。

毎週月曜日に更新中!今週の運勢はいかに?

9月・長月

聖林寺編
開運・招福お守入 おみくじ 200円
開運を招く縁起物のお守りが入ったおみくじ。大黒天やお多福、招き猫など13体の縁起物のうち1体が納められています。運勢は和紙のおみくじ紙に記されています。
新薬師寺編
おみくじ 100円
筒を振って番号が書かれた棒を引き、授与所で引いた番号を伝えるスタイル。和紙に運勢が記されています。おみくじはくくらず持ち帰りましょう。
丹生川上神社(中社)編
幸せみくじ 恋うらない 300円
水の神様を祀るこちらのおみくじは、御神水を使った幸せおみくじ。「占いの水」におみくじ紙をつけると文字が浮かび上がってきます。

8月・葉月

金峯山寺編
おみくじ 100円
筒を振って番号が書かれた棒を引き、おみくじタンスの同番号の引き出しを開けて、自らおみくじ紙を取るスタイル。古語で運勢が書かれています。
宇太水分神社編
おみくじ 100円
「おみくじ」と書かれた木箱に初穂料を入れ、福引きのように引くスタイルです。表面には神社名が押印され、裏面には「神の教」が書かれています。
橿原神宮編
鮎みくじ 500円
神武天皇が東遷の際、事を成し遂げられるか否かを占ったとされる魚(鮎)をモチーフにしたおみくじ。コロンとしたフォルムが可愛い鮎は陶製で、口の中からおみくじが出てくるのもユニークです。
法華寺編
おみくじ 100円
おみくじは本堂内の横笛像前にあり、三方に綺麗に並べられています。運勢が古語で書かれているのが特徴的。引いたおみくじは木にくくらず、すぐ下にある木箱に入れましょう。
壷阪寺編
思う壺おみくじ 300円
創建の由来に関わる「壺」の中に入ったおみくじ。ユニークなネーミングは「思いを込めて引くおみくじ」という意味から。開運を招く七福神のお守りが付いています。

7月・文月

興福寺編
鹿みくじ 300円
南円堂売店で授与されている「鹿みくじ」。愛らしい鹿の置物とピンク色のおみくじ紙がセットになっています。境内で鹿が悠々と過ごす興福寺ならではのおみくじです。
當麻寺編
傘みくじ 200円
牡丹で有名な當麻寺では、牡丹の日除けとしてかざす和傘をイメージした「傘みくじ」を引くことができます。大吉は「快晴」、小吉は「雨」など、運勢を天気になぞらえているのもユニーク。
(※傘みくじは2020年12月末まで本堂で、それ以降は當麻寺西南院で授与)
おふさ観音編
華みくじ 100円
ポップアップカードのように、花が立体的に飛び出すユニークな「華みくじ」。桜や梅、牡丹、水仙など8種類の花があり、各花にちなんだ和歌が添えられています。
往馬大社編
おみくじ 100円
筒を振って番号が書かれた細長い棒を引くスタイル。大吉や小吉などの中に、1本だけ「笑吉」というオリジナルのくじが入っています。引くとみんなが笑顔になるおみくじです。

6月・水無月

般若寺編
福おみくじ 200円
初夏コスモスとあじさいの競演が楽しめる6月の般若寺。本堂内に置かれる「福みくじ」は、おみくじ紙とともに、開運を招く七福神のお守りが納められたおみくじです。
宝山寺
聖天さんの宝袋みくじ 500円
財福にご利益があるという聖天さまを祀る宝山寺。こちらは、その聖天さまのシンボルである宝袋(巾着)と大根をあしらったおみくじです。宝袋は持ち帰って飾りましょう。
如意輪寺編
お不動さまおみくじ 500円
難切不動尊を祀る不動堂の前にあるおみくじ。赤・青・金色がビビットな不動明王は陶器製で、表情がキュート。底の赤い紐を引っ張るとおみくじ紙が出てきます。
吉野神宮編
おざぶうざぎのおみくじさん 300円
紙製の白うさぎがおざぶ(座布団)に座っている姿が可愛いおみくじ。おざぶは和紙で、中におみくじ紙が入っています。おざぶの色は白、紫、赤、緑、黄色などから選べます。
長谷寺編
おみくじ 100円
筒を振って番号が書かれた棒を引き、おみくじタンスの同番号の引き出しを開けて、自らおみくじ紙を取るスタイル。内容や文言が明治時代から変わっていないというレアなおみくじです。

5月・皐月

談山神社編
おみくじ 100円
昔ながらの赤いおみくじ箱がレトロ。初穂料を納め、箱の中に手を入れて引くスタイルです。表面に運勢、裏面には「神の教」が書かれています。
大和神社編
男みくじ、女みくじ 各300円
男女それぞれに特化した内容が書かれていて、「男みくじ」には仕事や趣味、「女みくじ」には美容やファッションなどの項目があります。漢字一文字が書かれた一言守り入り。
等彌神社編
もみじみくじ 300円
和紙で手作りした青もみじが付くオリジナルのおみくじ。境内を染める美しい青もみじをイメージしています。紅葉シーズンに引きたい赤色のもみじみくじもあり。
高鴨神社編
鴨みくじ 100円
全国の鴨(加茂)社の総本宮である高鴨神社にふさわしい、鴨の形をしたおみくじ。結ぶよりも持って帰りたくなる可愛さ。内容が現代の言葉で書かれているのでわかりやすいです。

4月・卯月

大安寺編
だるまみくじ 300円
木製のだるまの中におみくじが入っています。だるまの顔は手書きで一つ一つ表情が違うので、好みの子を引きましょう。おみくじを抜いた後のだるまを境内に置いていく人が多いです。
岡寺編
おみくじ 100円
筒を振って番号が書かれた細長い棒を引くスタイル。引いた番号を覚え、そばにあるおみくじタンスに書かれた番号の引き出しを開けて、自らおみくじ紙を取ります。
安倍文殊院編
おみくじ 200円
筒を振って番号が書かれた細長い棒を引くスタイル。引いた番号を伝えておみくじ紙を手渡しでいただきます。おみくじ紙上部に寺名が記載されています。
石上神宮編
おみくじ 100円
筒を振って番号が書かれた細長い棒を引くスタイル。おみくじ紙は神社名が記載されたオリジナルで、運勢のほか「神道訓話」が書かれています。

YouTube「Webならめがね」チャンネル

きまぐれ鹿フォト

  1. 2020年9月24日

    泥を塗って、バリッバリにキメたヘアスタイルなのに。。。なぜか、みんなから軽くハブられる。。…

最新のコンテンツ

注目のコンテンツ

  1. 奈良の歴史あるお寺を訪ね、季節ごとに名花…
  2. お寺に咲く花って、いいですよね。見ていると、気持…
  3. 奈良市の海龍王寺で、一日限りの特別御朱印がいただけ…